熊谷市本石、上熊谷駅近くの内科・呼吸器内科・腎臓内科・リウマチ科・消化器内科・小児科


⭐︎お知らせ「高齢者の肺炎球菌ワクチンについて」を更新しました。

⭐️高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病、胃炎、逆流性食道炎、喘息やCOPDなどの慢性疾患を中心に診療しています。

花粉症(アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎)の診療やアレルギー検査も行っています。


【院長交代のお知らせ】
2024年4月より長又誠医師が院長に就任致しました。「お知らせ」を更新しております。今後ともよろしくお願い申し上げます。


【発熱・感染症の診療について】
当院では内科の診療を主体に行っております。診療科の特性上、感染症以外の患者さんでも急病で受診されることもあり、緊急的な対応をすることが必要になる日も少なくありません。検査に関しては車で来院できる方のみ行っております。通常診療と並行して行っておりますので、結果をお伝えするのにもお時間を頂きます。ご理解のほどお願い致します。

インフルエンザやコロナの検査については、検査が陰性でも偽陰性の可能性があるため、完全に否定できるものではないことをあらかじめご理解お願いします(他の検査もすべて同じです)。

インフルエンザの検査が陽性で、処方の適応があると判断した場合には原則としてタミフルを処方しております。詳細については「お知らせ」にある「インフルエンザの検査と抗インフルエンザ薬について」をご覧下さい。

院内ではマスクを着用して頂き、発熱・咳・鼻水・咽頭痛といった感染症の可能性がある方は院内に直接来院されないようお願い致します。ご自身のコロナ抗原検査で陰性だった場合でも直接来院されないようお願い致します。かかりつけの患者さんにつきましても、ご安心して通院できる環境を引き続き整えて参りたいと思います。

小児の患者さんも同様の対応を行っておりますので、ご理解お願い致します。

特定健診やがん検診(肺がん・大腸がん・前立腺がん)も行っています。
初診の方は下記ページ「診療のご案内」をご一読頂けますと幸いです。


⭐️当院では新型コロナウイルスを含めた感染対策を実施しております。可能な限りの空間的・時間的な分離を行うため、
発熱、かぜ症状のある方(咽頭痛や鼻水、咳など)、
腹痛・下痢・嘔吐など感染可能性のある症状がある方は受診前にお電話でご相談ください。
小児の患者さんについても同様の対応をお願いしておりますので、ご理解お願い致します。

⭐️新型コロナウイルス感染症が5類感染症になった2023年5月以降も引き続き院内の感染対策を行っています。ご協力・ご理解のほどお願い致します。

⭐️当院では他の多くのクリニックと同様に血液検査の分析は検査会社に委託して行っております。
検体回収が16時頃になるため、その時間を過ぎると血液検査を行えません。予めご了承お願い致します。

⭐️必要があれば他の医療機関と診療や検査の連携を積極的に行っています。また、病院からの逆紹介も受け入れております。

〇 当院は診療情報を取得・活用することにより、質の高い医療の提供に努めています。
〇 正確な情報を取得・活用するため、マイナ保険証の利用にご協力をお願いいたします。

診療科目

高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病、胃炎、逆流性食道炎、喘息やCOPDなどの慢性疾患を中心に診療しています。

会社の健康診断や人間ドックで異常を指摘された方もお気軽にご相談ください。

  1. 内科

  2. 小児科

  3. 予防接種

ACCESS

アクセス

〒360-0815
埼玉県熊谷市本石2-240
TEL: 048-521-4565

午前 9時-12時 休診休診
午後 15-18時(土曜日の受付は17時30分までです) ○ 休診休診

当院では診療の事前問診としてAIによる問診を行っております。初診の患者さんや再診の患者さんで症状の変化がある時などに、事前に情報をご入力頂くことで、診療の時間の短縮・診療の質の向上につながるものと考えております。可能な限り詳細に入力を頂けますと幸いです。

まず、お電話で診療が可能かどうかをお問い合わせ頂き、可能とご案内があった方のみご入力頂きますようお願いします。

システム上、どなたでも入力は可能となっておりますが、全ての患者さんの診療をお受けできるわけではないため、まずはお電話でご確認頂くようお願いいたします。

★また、情報の入力を頂いても、当院には入力されたことに対する通知がないシステムとなっております。予めご了承お願い致します。当院が休診の間に入力を頂いても、お返事することもできないことを、ご理解お願いいたします。★

⭐︎「お困りの症状や症状がある場所を短い文で入力してください」の部分では、「発熱」や「咳」、「腹痛」などのキーワードを入力して、出てくる候補からお選びください。「該当なし」や「その他」を入力されると症状の詳細を伺う部分が出なくなってしまうのでご留意ください。

 

 

当院では患者さんの状態に応じ、

・ 28日以上の長期の処方を行うこと ・ リフィル処方せんを発行すること

のいずれの対応も可能です。
 ※ なお、長期処方やリフィル処方せんの交付が対応可能かは病状に応じて担当医が判断致します。
PAGE TOP